本文へスキップ

作業療法士の普及に貢献します。 

8年目HEADLINE

気がつけば・・・8年目です。
8年間って、あっという間でした。
そして8年目にして予想外の展開です。

異動の話は、いつも突然です。

4月

『新しく加わった病院に作業療法士として行ってほしい』

『えっ?』

本当に驚きでした。
ミチルもサラリーマンなので断ることはできませんが、戸惑いますよね。

でも、新しく作業療法を病院にはじめることって、少ない気がします。
また、それを2回(1回目は1年目)も体験できるって中々ありません。

そして、今回は作業療法士として1人で仕事。
自由に出来る。楽しみです。

そういうわけで私は5年ぶりに病院に戻りました。
異動がある度に心配することがあります。
それは、
『新しい職場に上手く適応できるかな?』が3割。
『自分なりの楽しみを見つけることが出来るかな』が7割。

まずは、医療保険について勉強しました。
私(約5年前)が働いていた時と比べて2回、法律が改正しています。
全くわからない現状です。

知らない間のストレス。
5月までは腹痛・頭痛が止まりませんでした・・・・(笑)

5月

新人OT(後輩)をミチル君の病院に配置させるから、よろしく』

また胃が痛くなる話が増えました。

でも、この新人OTさんは優秀です。
コミュニケーション能力も長けています。
これからの成長に期待できる人材です。

7月

何故か、作業療法室となるスペースをいただきました。
でも・・・・、物品がない!
ベッドがない!
机がない!

でも、スペースがある。

予算が全くない!

この状況に・・・内心は
アホか!
こんな状況でどのように作業療法室を作れっていうんだ!!

と、言いたいですが、言えずに悩みぬいた結果…・。
ミチルが考えた方法は…・、
法人内の関連施設を回り・・・・

いらない机はありますか?
ベッドはありますか?

と交渉することでした。

何故、役職のない私が交渉をする羽目に?
施設長や師長と対等に話ができるの?
と思う人もいるかもしれませんが、
これが8年目のキャリア?
コネクションを8年間、積み上げた結果でしょうか?

結果…・、
クリニックの放射線科から電動昇降式ベッドをGET!
病院の倉庫から作業台に使える机をGET!
(ドラクエの世界ですよ!!宝箱を探す気持ちです。違うのは頭を下げること??)
大変でしたが、なんとか形になりました。

こんな数奇なことをしているOTって、私だけじゃないでしょうか?(笑)
8年目で気づいた事
自分の事を出来て当たり前。後輩の指導やリハビリ全体の事を考えて行動しないといけません。凄く大変です。
そういうことは、向いていないことに気付きました。
ただ情熱は8年経っても、衰えていないし、まだまだ勉強することが沢山あるなあ〜って思います。
本当に胃が痛くなることが沢山ありますが…、
自分に正直に!頑張れるOTでありたいです。

作業療法士ミチルのお願い

作業療法士ミチルでは作業療法の普及にむけて活動を行っています。
学生応援サイトの内容は、ミチル個人の見解であり実習指導者と相違がある場合もあります。
その際は、実習指導者に従い、より良い実習を行ってください。
専門サイトにおいて患者さんの同意・善意を得て一部写真を掲載しています。
そのため善意の写真を複製などをせず閲覧だけにお願います。
万が一、勉強会等で使用したい場合はご連絡をお願いします。


OT経験11年間
1年目ミチル

1年目ミチル
1年目ミチル
1年目ミチル
11年目ミチル12年目ミチル

1年目ミチル

inserted by FC2 system